気楽にスタート!自炊生活のハードルを下げる3つのポイント

      2016/03/06

毎日コンビニ弁当ばかりで健康が気になる。自分で好きな料理を作って食べたいけど、夜遅くまで働いていて作る時間が無い。そもそも、何から始めていいか分からない。

そんな理由からなかなか自炊生活に踏み出せない人も多いのではないでしょうか? 僕もそんな一人でした。

まずはご飯を炊こう

いきなり料理を作るというのはハードルが高いかもしれません。だから、まずは洗って炊飯器にセットしてしまえば勝手に炊けてしまうご飯から始めましょう。

ご飯はまとめて炊いて、冷凍しておくことができます。僕は「冷凍ご飯はまずい」という先入観を持っていましたが、ポイントを押さえておけばいつでもおいしいご飯が食べられます。詳しくは後日。

つくおきで発見!料理は毎日しなくてもいい

え、料理ってそんなにもつの!?

料理は毎日作ってすぐに食べるものと思っていたので『つくおき』を発見した時は軽い衝撃を受けました。

つくおき − 1週間の簡単作り置きおかず・常備菜のレシピ

『つくおき』は平日は料理をしたくない人のために、日持ちする料理に特化したレシピサイトです。しかも日持ち日数別にカテゴリー分けされているので、料理する頻度に合わせてレシピを選ぶことができます。例えば『5日』のレシピを選んで週に一度何品かまとめて作り冷蔵庫で保存しておけば、平日はご飯とおかずをレンジでチンするだけで立派な一食となります。

最小限の調味料を一気に揃える

どんな調味料があればいいのか分からないというのも、料理がなかなか始められない人にとってのハードルだと僕は思います。逆に、一度調味料を揃えてしまえばこのハードルは一気に下がります。僕も実際そうでした。では何を買えば・・・?

僕がやったことは、『つくおき』で作ってみたいレシピを4〜5種類ピックアップし、どんな調味料を使っているか調べました。そこで選ぶのは、日持ちがして使う調味料の種類が少ないものです。そこから分かったことは、次の5種類の調味料を買えばいいということでした。

  • 料理酒
  • 醤油
  • みりん
  • ごま油
  • 砂糖

まとめ

さあ、自炊にハードルを感じていたみなさん。ご飯を炊いて、調味料を買って、『つくおき』を見てみてください。きっと抵抗なく自炊生活をスタートできると思いますよ。

 - 食べる