初対面で「信頼できる」「好き」と思わせる超一流の雑談力

   

今回は、少し真面目なライフハッカー風の記事を書いてみようと思います。

超一流の雑談力

自分は、人見知りはしない人なので、初対面の人でもとくに意識せずに会話ができると思っていましたが、「超一流の雑談力」という本を読んで、初対面での挨拶や雑談においても話す内容は、きちんと意識した方がよいということを学びました。

というのも、

さまざまな研究の結果、その人に対するおおむねの評価は会話が始まってから1分。最長でも4分で決まることがわかっています。

とあったからです。

「信頼できる。」「信頼できない。」「好き。」「好きじゃない。」

こんな評価が、たった1分程度の会話でなされてしまうとはこわいですね。この評価はとっても重要で、後々、相手にお願いごとを頼んだり、気になる人を食事に誘ったりする時などにも影響してしまいます。

では、どうしたらよいのか。

適度な「自己開示」をすること。

初対面やそれほど親しくない人と会話をしなければならない状況で、一方的に自分のことばかりを話すのはよくないようです。これは、自分勝手という印象を与えてしまうので当然ですね。

かといって、この人はどういう人なのか、何を考えているのかわからないと思われてしまうのも安心して話すことができません。

では、どうすればよいのか。

  • 自慢話はしない。
  • 軽い失敗談を話す。

ということでした。

注意点として、失敗談といっても「遅刻ばかりして今日も会社で怒られた」とか「昨日も飲み過ぎて今日も2日酔いです」といったダメ人間と思われかねない内容はダメとのこと。

自分の自己開示の例を考えてみた

良い自己開示の例がいくつか本書に書かれていたので、参考にして自分の例を考えてみました。

「自分は文章を書くのがとても苦手なんですよね。でも、最近はブログを書くのにはまってまして...」

「いつも仕事ばかりで趣味とかなさそう。と言われたことがあるんです。でも、最近、エレキギターにはまってまして...」

自分の自己開示の例を考えてみましたが、たしかに、こういう切り出し方だと相手との距離を縮めることができそうな気がします。また、キーワード(ブログ、エレキギター)をあえて入れるのも会話を広げるきっかけとして良いとのこと。

自己開示は、あくまでも自分のことを知ってもらい相手の警戒心を解くこと。ほどほどの失敗談をほどほどの時間で話すことが大切とのことでした。一流と呼ばれる人たちは、この自己開示の具合がほどよく、それだけで心をつかんでしまうようです。

自分も今回考えた例を今後、使ってみたいと思います。心をつかめるといいのですが(笑)

 - ハック